ローザンヌ/ジャクソンなどユネスコが認定した世界コンクールが日本で初めて予選を開催

『コリア・インターナショナル・バレエ・コンペティション』への本選出場権を獲得できる

日本国内で参加できるユネスコ認定国際コンクール予選を開催!!

  • linen
  • facebook
  • Youtube

Elena Yevseyeva Gold Medal KIBC 2010

SCHEDULE開催日程

開催日時・会場
2019年4月2日(火) プレ・インターナショナル バレエコンクール
2019年4月3日(水)4日(木)インターナショナル バレエコンクール/表彰式

  • 2019年4月2日(火)〜4日 (木)ワークショップも同ホールにて行います。

調布市グリーンホール(大ホール)
住所:〒182-0026
東京都調布市小島町2丁目47−1
TEL:042-481-7611

  • コンクール、ワークショップのスケジュール詳細は
    お申し込み締め切り後、決定いたします。
    上記日程と異なる場合もございます。
    最終スケジュール決定は2019年3月10日(日)発表予定

[googleMap]

部門
【プレ・インターナショナルバレエコンクール】
ジュニアA:8-9歳
ジュニアB:10歳-12歳
ジュニアC:13歳-15歳
ジュニアD:16歳-19歳
シニア:20歳以上
  • プレ参加資格として、バレエコンクール3位(ブロンズ)以上の入賞経験がない方に限ります。
  • ジュニアA・Bはバレエシューズでの参加も可能です。
  • プレ・インターナショナルバレエコンクール上位入賞者はインターナショナルバレエコンクールへの出場権が与えられます。
    ※出場権授与は10名程度を予定しております。
【インターナショナルバレエコンクール】
ジュニアA:8-9歳
ジュニアB:10歳-12歳
ジュニアC:13歳-15歳
ジュニアD:16歳-19歳
シニア:20歳-28歳
  • ジュニアAはバレエシューズでの参加も可能です。
  • コリア・インターナショナル・バレエコンペティション本選へは12歳から参加できます。

 

 

※プリントアウトしてご使用ください。

JURY’S 審査員(2019年4月2日~4日開催)

審査委員長

パク・ジェグン
(Korea)

国際バレエコンクール連盟 副会長
韓国国際バレエコンクール 理事長
International Federation of Ballet Competition Vice President

韓国・仙和芸術高等学校舞踏科、世宗大学、漢陽大学大学院にて舞踏学士・修士を修了。
1990年まで韓国ユニバーサル・バレエのプリンシパルおよびバレエ教師を務めた韓国バレエの開拓者。1991年に外国人初のカザフスタン(当時ソ連)国立アルマタバレエ学校の教師、そしてアルマタ国立オペラ劇場バレエ団の振付師として活躍し、ロシアバレエ国家試験審査委員を務める。モスクワ国立大学にて博士号を取得し、モスクワ舞踊芸術大学教授、ロシアバレエスターズ団長、モスクワバレエ振興財団理事長を務めた。2001年に韓国バレエ協会ダンスノーブル賞受賞。数々のバレエフェスティバルにて振付、芸術監督およびプロデューサーを務め、現在はコリア国際バレエコンクール組織委員長、韓国バレエ財団理事長、韓国ダンス教師協会会長、国際ダンスフェスティバル常任理事、エストニア名誉領事、韓国・祥明大学舞踊科教授、ソウルバレエシアター芸術監督、General Assembly The International Federation of Ballet Competition副会長、 World Ballet Grand prix副会長などを務め、活躍の幅は広い。

審査員

菊池 宗
(Japan)

国際バレエアカデミア 理事長
旧東京小牧バレエ団 団長
Director of the International Ballet Academia

国際バレエアカデミア理事長・旧東京小牧バレエ団団長 小牧正英、菊池唯夫に師事。
1972年フランス政府給付基金によりフランス・パリにバレエ留学、4年間の研修後、プロフェッショナルダンサーとして活躍。数多くの舞台経験を積み、1983年に帰国後、小牧バレエ団に復帰する。 1989年博品館にて振付出品第1位金賞受賞。2001年、東京小牧バレエ団団長に就任後、日本初演「ペトルウシュカ」「シェヘラザード」「火の鳥」「イゴール公」「牧神の午後」「バラの精」等の近代バレエ作品を復元し、大反響を得る。 2002年創作バレエ「マダレナ」の成果により世界地域国際平和賞受賞。2012年、日本・モンゴル国交樹立40周年記念公演(文化庁国際芸術交流支援事業)として、モンゴル国首相より招聘を受け実施。「モンゴル国文化文部大臣賞」を受ける。2015年国際交流に特に顕著な功績のあった個人及び団体に贈られる「平成27年度外務大臣賞」を受賞

審査員

シン・リリ
(China)

上海バレエ団 団長
上海市舞踊家協会 主席
Director of the Shanghai Ballet

1973年に中国国立・上海ダンススクールに入学。卒業後、中国国立上海バレエ団入団1979年からプリンシパルを務める。2001年、中国上海バレエ団にて芸術監督に就任する。2011年より中国上海バレエ団団長を務める。受賞歴には1987年のニューヨーク国際バレエコンクールで銀賞、1988年第3回パリ国際ダンスコンクール(クラシック部門)にて、グランプリカップル賞をパートナーであったヤン・シンファと受賞。1993年には上海における若手アーティストTOP10に選ばれ、優れた古典芸術の功績者に与えられる宝鋼賞を1993年と1999年に2度受賞した。団長を務める中国上海バレエ団では、「白毛女「白鳥の湖」「ロミオと ジュリエット」「コッペリア」「ラ・シルフィード」バランシンの「セレナーデ」「ラ・ヴァルス」などを上演。 2006年にはオリジナルモダンバレエ「愛のサイン」を創作する。2001年に振付けた「The Butterfly Lovers」は上海国際芸術祭の閉会式で初演披露された。2001年から2013年の間、ブノワ賞、上海国際バレエコンクール、ニューヨーク国際バレエコンクール、香港ヤングバレエスターアワード、ケープタウン国際バレエコンクールなど、数多くの国際バレエコンクール審査員を務める。2010年にはイングリッシュ・ナショナル・バレエの60周年記念公演に招待され「白鳥の湖」王妃役として舞台を彩った。

審査員

ウィリアム・グラスマン
(UK)

International Ballet Master

ウィリアム・グラスマンはジョージ・バランシンによって選出された少年2名のうちの1人として、1960年School of American Ballet(SAB) 初のフォード財団奨学生となる。かのデンマーク人バレエマスター Stanley Williamsに師事。SABを卒業後、1963年にアメリカン・バレエ・シアター(ABT)に入団。ソリストおよび、ゲストアーティストとして、ジェローム・ロビンズ、アグネス・デミールらの初演作の多くに出演、フレデリック・アシュトン、ハロルド・ランダー、ユージン・ローリング、ケネス・マクミランらの作品を含む多くの主役を務める。現役引退後は、1979年ロイヤル・バレエ・スクール(RBS)初のアメリカ人教師としてGraduate Boys Teacherに就任する。RBSでの約20年間、多くのプリンシパルダンサーを育て、Darcey Bussell、Edward Watson、Jonathan Cope、Kバレエ芸術監督熊川哲也氏、浜田・貞松バレエ団芸術監督、貞松正一郎氏など、多数のダンサーを指導する。1999年RBSを退任。

その後、ロンドン・チルドレン・バレエ芸術監督を務め、続いてエルムハースト・スクール・オブ・ダンス&パフォーミングアーツの教師を務める。
2004年3月The Rock School for Dance Education(米国・フィラデルフィア)の校長就任
2005年9月Ballet Central(英国・ロンドン)芸術監督就任
2012年9月Central School of Ballet副校長就任
2016年12月Central School of Balletを退任
現在は、インターナショナル・フリーランス・バレエ講師として、サマースクール講師やチェケッティ国際コンクール他、有名国際バレエコンクールの審査員として国内外で活躍を続けている。

審査員

アユミ・ノブレット
(France)

ADN Danse Académie de danse Noblet 主宰

Ayumi Noblet は4歳よりバレエを始める。熊谷友梨氏に師事。
1999年より、ドイツ・ハンブルグバレエ学校へ留学卒業後、プロダンサーとしてドイツを中心にヨーロッパ7つの劇場に所属。主役、主要な役を踊り数多くの経験を積む。
※『Semperoper (Dresde)ゼンパーオペラドレスデン※Theatre de Dortmundシアタードルトムント※Ballet national de Norvègeノルウェーナショナルバレエ※Théâtre de Halleシアターハレ※Théâtre de Regensburgシアターレーゲンスブルグ※Théâtre de Linzシアターリンツ※Théâtre de Trèvesシアタートリアー』
多くの振付家の元で活動することにより広い分野での経験を深め、Balanchine, John Cranko, John Neumeier, Uwe Schulz, Jiri Kylian, Birgit Scherzer,Olaf Schmidt, Jochen Ulrichなど様々な振付家のレパートリーを踊る。さらには国際的有名振付家との創作活動も行う。
2014年ドイツにて、夫であり振付家であるAlister Nobletと「Noblet Dance Company」を立ち上げる。
2016年パリのセンターナショナル・ド・ダンスにて、フランス公認バレエ教師免許を取得。
2017年よりフランス・アンジェに活動拠点を移す。
Alister Nobletと共にバレエ学校「ADN Danse Académie de danse Noblet」を開校。又、「Centre National de danse Contemporain」にて特別教師を務める。現在「ADN Danse Académie de danse Noblet」には150人を超える生徒が在籍、プロダンサーを目指す生徒も多数在籍し、バレエ団オーディションへのアドバイスなどきめ細かな指導、サポートを行う。生徒の人間性を高めると共に、ダンス・芸術を社会貢献に役立てたいとの思いから、「Happy Faces」プロジェクトを立ち上げ、老人ホームや病院等の施設にて、ダンスパフォーマンスを提供、継続している。

審査員

キム・ドンウック
(Korea)

-韓国ダンクック大学卒業
-元チェコDJKT ダンサー
-Dance Planner Founder & CEO
-Asia Dance Audition President

ワークショップ講師

サイ・イ・レイ
(China)

元 英国 Scottish Ballet プリンシパル
元 英国 Birmingham Royal Balletソリスト
中国上海ダンスカレッジ教授
中国上海ビジュアルアーツカレッジ教授
カナン・ダンスコンペティション創設
香港国際ユースダンスフェスティバル ディレクター
アメリカ サラソタ・バレエスクール サマーインテンシブ
アジア地域オーディションディレクター

1986年ブルガリア・ヴァルナ国際バレエコンクールにてジュニアグループ第4位受賞
1987年スイス・ローザンヌ国際バレエコンクールにて中国人初ゴールドメダリストとなる。
1990年イギリスSadler’s Wells Royal Ballet入団
その後、バーミンガム ロイヤルバレエにてソリストとして活躍する。
1998年Scottish Ballet にてプリンシパルとして活躍する。
1999年イギリス・タイムズ紙が選ぶ“Most Successful People in Scotland” にて
31位にランクされた。
2001年より中国上海バレエ団ゲストプリンシパルを務める。
彼のダンスパフォーマンスは幅広く、日本・香港・イギリス・カナダ・ニュージーランド
南アフリカ等で活躍した。ダンサーとして一線を退いた後、イギリス・ロイヤルダンスアカデミーにてRAD PDTD を取得。指導者として数多くのダンサーを育てる傍ら、
世界各国のバレエコンクールで審査員を務める。

ワークショップ講師

パク・ヘジュン
(Korea)

-韓国梨花女子大学 卒業
-元チェコDJKT プリンシパル
-Asia Dance Audition Artistic director
-Dance Planner Global Director



バレエピアニスト
<BALLET PIANIST>

星 美和
(Japan)

松山バレエ団専属ピアニストを経てフリーピアニストとして活躍。
日本国内各バレエ団、オープンクラス、バレエコンクール公演など演奏活動を続けている。
ユースアメリカグランプリ・ニューヨークファイナルにてピアニストを務める。
バレエCD “MUSIC FOR BALLET CLASS” シリーズはバレエCD販売数量において日本一を誇る。

SCHOLARSHIP & AWARDSスカラシップ&表彰

スカラシップ

【バレエ団研修 / 入団許可 / 短期留学】

Ballet de National Catalunya(スペイン)

Oldenburgisches Staatstheater(ドイツ)

STADT THEATER BREMERHAVEN BALLET(ドイツ)

Theater Hagen(ドイツ)

Opera Ballet Wroctawska(ポーランド)

Teatr Wielki w Poznaniu(ポーランド)

Opera Krakow Ballet(ポーランド)

Divadlo F.X.Saldy Liberec(チェコ)

Plzen DJKT Ballet Company(チェコ)

Portugal Lisbon National Ballet(ポルトガル)

Croatia National Ballet-Split(クロアチア)

韓国ソウルバレエ団
(入団許可および、公演ゲストダンサー招待)

韓国光州市立バレエ団

上海バレエ団

 

【サマースクール授業料免除 / 一般参加許可】

Oregon Ballet Theatre School(America)

Rock School for Dance Education(America)

Sarasota Ballet School(America)

ADN Danse Académie de danse Noblet(France)

Central School of Ballet(UK)※一般参加許可のみ

 

【海外国際バレエコンクール本選推薦】

Korea International Ballet Competition

イスタンブール International Ballet Competition

カザフスタン・アルマタ International Ballet Competition

セルゲイリピール International Ballet Competition

 

【奨学生入学許可】

ウクライナ ドネツク バレエ団バレエ学校

ウクライナ ハリコフバレエ団 / バレエ学校

カザフスタン アルマタ国立バレエ学校

ラトビア国立バレエ学校

韓国祥明大学校バレエ科

韓国ソウル芸術高校 / 中学校

韓国仙和芸術高校 / 中学校

韓国ケウォン芸術高校 / 中学校

 

※その他、追加および変更になる場合もございます。
※該当者なしの場合もございます。

 

表彰内容

【プレ・インターナショナル】
Gold Award(ゴールド賞)
Silver Award(シルバー賞)
Bronze Award(ブロンズ賞)

※当表彰者より複数名にインターナショナルバレエコンクールへの出場権を授与

TWBT Shining Award
(シャイニング賞)

※プレインターナショナル参加者全員中上位1/3の皆様へ授与

TWBT Hope Award
(ホープ賞)

※シャイニング賞次点の参加者1/2の皆様へ授与

TWBT Effort Award
(エフォート賞)

※ホープ賞次点の参加者全員へ授与

指導者賞

コンテンポラリーダンス振付賞

 

【インターナショナル】
Grand Prixグランプリ
(全カテゴリーの参加者から最高得点の方へ授与)

〈クラシックヴァリエ―ション部門〉
Gold Award(ゴールド賞)
Silver Award(シルバー賞)
Bronze Award(ブロンズ賞)

※Jr A~シニアまで、カテゴリー毎、複数名に授与

〈コンテンポラリーヴァリエ―ション部門〉
Gold Award(ゴールド賞)
Silver Award(シルバー賞)
Bronze Award(ブロンズ賞)

※Jr A~シニアまで、カテゴリー毎、複数名に授与

TWBT Brilliant Award
(ブリリアント賞)

※ブロンズ賞次点の方複数名へ授与

TWBT Encourage Award
(エンカレッジ賞)

※ブリリアント賞次点の方複数名へ授与

指導者賞

コンテンポラリーダンス振付賞

 

RULES参加規定

参加規定
◆クラシックバレエ部門(1曲)
◆コンテンポラリー部門(1曲)
◆クラシック、コンテンポラリー両部門(2曲)
※クラシックバレエ部門、コンテンポラリー部門より各1曲を選曲
制限時間:3分以内(上記全部門)
伴奏音楽:音源はデータのみ
◆クラシック パ・ド・ドゥ部門(1曲)
◆コンテンポラリー パ・ド・ドゥ部門(1曲)
制限時間:12分以内
伴奏音楽:音源はデータのみ
  • 時間超過の場合は失格となりますのでご注意ください。
  • 著作権のある音楽に関しては、必ず各自手続きをおこなってください。
    当コンクールは一切の責任を負いません。
出場料
◆プレ・インターナショナル / インターナショナル / パ・ド・ドゥ
25,000円
◆クラシック/コンテンポラリー両部門参加
40,000円
※プレ・インターナショナルコンクールより成績優秀者には(人数未定)インターナショナルへの出場権を授与いたします。
ご参加の場合には追加審査料15,000円が必要となります。
◆ワークショップ
8,000円(1クラス / 90分間)
  • お申込み後の参加費は返金できません。
    御了承ください。
ワークショップ見学入場料
1000円(指導者父兄様に限ります)
コンクール参加受付開始
2018年9月1日 ※定員になり次第終了
申込方法
下記申込フォームよりお申込ください。
撮影について
  • 会場内の個人での写真・映像の撮影は禁止しています。
  • スカラシップには国際バレエコンクールの出場権がございます。
    海外ツアーの際、ドキュメント撮影としてカメラマンが同行致します。ご了承ください。
fig_rule

APPLICATION FORM 

 

 

※プリントアウトしてご使用ください。

INTERVIEWインタビュー



TWBTではシニア部門・ゴールドアワードを受賞。スカラシップを獲得して韓国 International Ballet Competition に出場し、見事Korea Ballet Foundation Awardを受賞されました。さらに2016上海International Ballet CompetitionではRecognition Awardsを受賞。佐々木麻菜さん(エスバレエスタヂオ)にインタビューをしました。

普段のレッスンで気を付けている事や大事にしている事を教えてください。
日々の身体のコンディションにはよく耳を傾けるようにしています。自分の欠点と個性をよく知っておくことはとても大事なことだと思います。
TWBTに参加したきっかけを教えてください。
海外のコンクールに参加したいと考えていた時に、日本予選が行われることを知り参加しました。
TWBTに参加して良かったと思うことをお聞かせください。
様々な国の先生方に踊りを見ていただけたことが良かったなと思います。韓国でもTWBTのサポートがあり、とても心強かったです。
韓国国際バレエコンペティション(KIBC)についてお尋ねします。KIBCではどのようなバリエーションを踊りましたか?
エスメラルダ、グルナーラ、アルレキナーダ、オディール、コンテンポラリーの5曲を踊りました。
KIBCの期間中はどのように過ごされましたか?
午前中は毎日クラスがあり1人5分間ほどの舞台リハーサルを行う日もありました。審査のない日は午後からホテルの近くをお散歩したり観光を楽しみました。
KIBC参加中、他国のバレエダンサーはどのような印象でしたか?
フレンドリーな人が多い印象でした。挨拶を交わしたりお話をすることも多かったです。
現在、佐々木麻菜さんのご活動状況を教えてください。
今はスタジオの舞台に向けてリハーサルをしてします。
最後に、今後TWBTに参加するバレエダンサーへ、アドバイスをよろしくお願い致します。
コンクールも公演も1つの舞台には変わりないと思っています。たとえ1曲のバリエーションでも作品として大切に踊ること、集中して程よい緊張感を保つことが大切だと思います。
コンクールの申込はこちら



TWBTではシニア部門・シルバーアワードを受賞。スカラシップを獲得して韓国 International Ballet Competition に出場し、見事Korea Ballet Foundation Awardを受賞されました。さらに2016上海International Ballet Competitionではファイナリストに。山田琴音さん(ヤマダバレエスタジオ)にインタビューしました。

普段のレッスンで気を付けている事や大事にしている事を教えてください。
体幹を感じること、プリエを意識すること、内転筋をしっかり使ってアンデオールすることを気を付けています。あと最近は目線も絶対に落とさないように心がけてます。伏し目になると気分も落ちるので。
TWBTに参加したきっかけを教えてください。
左右木健一先生がFacebookでシェアしていたのを何となく見たのがキッカケです。予選が無く、第1回大会はバリエーション1曲だけで、何も舞台の無い時期だったので身体を落とさない為にも〜と思って出場を決めました。それと海外スクールの留学権ではなく、海外コンクールの出場権が貰えるというのも面白いなぁと興味を持ちました。
TWBTに参加して良かったと思うことをお聞かせください。
急遽ではありましたが、中村恩恵先生のコンテンポラリーのワークショップがあったのはすごく嬉しかったです。結果ももちろんですが、審査員の先生方のジャッジシートがコメント付きだったのも有難かったです。あと、記念のTシャツも可愛くて愛用してます♡
韓国国際バレエコンペティション(KIBC)についてお尋ねします。KIBCではどのようなバリエーションを踊りましたか?
予選はメドーラとアレルキナーダのバリエーション、準決戦はコンテンポラリーの作品、決戦ではエスメラルダとキューピッドを踊りました。
KIBCの期間中はどのように過ごされましたか?
ホテル周辺のコンビニやスーパーに行ってご飯を買ったり、審査が無い日は仲良くなった他の出場者の子たちと地下鉄に乗って、明洞という繁華街で沢山お買い物をしました♪ 街の飲食店で食事をしたり、部屋でみんなで話したり、観光もけっこう出来たので韓国を楽しむことができました。
KIBC参加中、他国のバレエダンサーはどのような印象でしたか?
やっぱり韓国のダンサーは女の子も男の子も、スタイルの良さにまずは本当に驚きました。同じアジア人で、お隣の国なのになんでこんなに違うんだろう…と。あとは韓国人のダンサーは本当に堂々と踊るんです!!衣装の派手さに負けない華やかな踊りが日本人とは全然違うなぁと思いました。他にも中国人・モンゴル人・ウクライナ人…と様々な国のダンサーと出会いましたが、中には自国で既にプロとして活躍しているダンサーもいて、観客を一瞬でファンにさせるようなパフォーマンスに、私も一緒にワクワクしながら袖から観ていました。
現在、山田琴音さんのご活動状況を教えてください。
両親のバレエスタジオで後輩の指導をしたり、年末に出演する舞台のリハーサルをしています。外部の公演や、外部のお教室の発表会へのゲスト出演も幾つか控えており、有難いことに舞台の予定が良いペースであるような状況です♪ 今後もベースはスタジオに置いて、面白そうな舞台には積極的に参加していきたいと思っています!!
最後に、今後TWBTに参加するバレエダンサーへ、アドバイスをよろしくお願い致します。
まさかあのたった1日のコンクールから、韓国へ行き、そこからまた繋がって中国へ行くことになるなんて、本当に思ってもいませんでした。チャンスはどこに転がっているかわかりません。そして一度や二度ダメでも、絶対に諦めないでください。私自身、学生時代は1度も入賞したことが無く、成人してから評価していただけるようになりました。挑戦し続けること、そしてクラシックだけでなくコンテンポラリーも是非勉強してほしいです。海外コンクールでは絶対に必要だし、きっと表現の幅ももっと広がると思います。
コンクールの申込はこちら



TWBTではシニア部門・シルバーアワードを受賞。スカラシップを獲得してKorea International Ballet Competitionに出場し、見事Korea Ballet Foundation Awardを受賞されました。さらに第27回ヴァルナ国際バレエコンクール・ジュニア部門では銀賞受賞。金世友さん(スウェーデン王立バレエ団所属)にインタビューしました。

普段のレッスンで気を付けている事や大事にしている事を教えてください。
僕にとっては集中力が一番大事だと心がけていますし、集中力で練習成果も変わってくると思います。
TWBTに参加したきっかけを教えてください?
KIBCのコンクールに参加しようと思ったころ、ちょうどこのコンクールに日本予選があると知り参加しました。
TWBTに参加して良かったと思うことをお聞かせください。
審査員の方や色々な方と知り合えたことが一番良かったと思います。KIBC期間中でもTWBTスタッフの方々からのサポートもあり大変お世話になりました。
KIBCについてお尋ねします。KIBCではどのようなバリエーションを踊りましたか?
ワンパターンではなく、王子や派手系などバラエティのある踊りを取り入れて踊りました。
KIBCの期間中はどのように過ごされましたか?
朝からクラスを受け審査の前日は舞台リハーサル、審査のない日はワークショップなどを受け午後は観光などリラックスしてました!
KIBCにて、他国のバレエダンサーはどのような印象でしたか?
特に韓国人はテクニックや自己主張のある踊りにはすごく印象に残りました。自分も韓国人でありながらも、ものすごく刺激をもらいました。
現在、金世友さんのご活動状況を教えてください。
今はスウェーデンの王立バレエ団で一年研修生として学んでいます。
最後にTWBTに参加するバレエダンサーにアドバイスをよろしくお願いします。
コンクールに出るというよりも舞台で経験するという気持ちが一番大切だと思います。自分はダンサーとして何のために踊るかというのを常に心構えています。
コンクールの申込はこちら



コリア・インターナショナル・バレエコンペティション(KIBC)本選に参加された上野瑞季さんへインタビューしました。

KIBCに参加したきっかけは?
私は2014,15年に参加させていただき、初めはソロ、次の年はパドドゥでした。 初めはバレエ関係の知り合いの方に出場された方がおられて、その方の勧めで参加しました。
コンクールではどんなバリエーションを踊りましたか?
ソロで出たときは、タリスマン、ガムザッティ、ドルシネア姫、ダイアナと、コンテンポラリーダンスを踊りました。
コンクールに参加した時の一番の印象は?
人それぞれ感じは違うと思いますが、あまりピリピリしたよ うな感じがなく、なんとなく人との競争というより、自分との戦いだと思わせてくれるような雰囲気がありました。
期間中はどのように過ごされましたか?
時間通りリハーサルやワークショップを受け、あとはホテルでゆっくりしたり、街を少し歩いたりしてリラックスしていました。 自分が踊り終わった後は他の参加者の踊りも客席から観ていました。
他国のバレエダンサーはどんな印象でしたか?
あまりがちがちに緊張しているような感じは少なく、フレンドリーな人も多いように感じました。シニアクラスなどは特にコンクールを楽しんでいるような印象もありました。
リハーサルやワークショップの雰囲気はどうでしたか?
ワークショップは韓国の人と外 国の人と別れていて、初めこそ緊張はしていましたが、先生も優しく落ち着いてレッスンできました。 リハーサルはだいぶ時間がおしたり、順番が入れ替わったりとハプニングもあり大変でしたが、きちんとやらせてもらえました。
日本のコンクールと違うところはどんなところですか?
日本は舞台リハーサルを皆一斉か、何人かまとめてするコンクールが多いと思いますが、海外国際コンクールでは分単位で一人ずつ舞台リハーサルができます。踊らなければいけないバリエーションもコンテを合わせて5つと日本よりも多いです。
観客の雰囲気はいかがでしたか?
予選ではあまり観客はいないようでしたが、決選はたくさんきていて、個人的にはコンサートをしているような気分でした。 それでも審査員までの席は遠く、観客もその後ろで遠かったので、圧倒されるような感じはありませんでした。
受賞の他にスカラシップ等はありましたか?
初めはディプロマの他にテクニック賞、二度目はディプロマとスペシャルアワードをいただきました。
KIBCに参加して良かったと思うことはありますか?
日本のコンクールとは違った雰囲気を味わえました。韓国の人が多かったですが、それでもいろんな国の人とコンクールに出るということで、踊りはもちろん、レッスンやその他の部分でいろいろと刺激になりました。
その後、上野さんのご活動状況を教えて頂けますでしょうか。
現在はロシアのブリヤート国立オペラバレエ劇場にて踊らせていただいてます。
今後KIBCに参加するダンサー達にアドバイスをよろしくお願いします。
アドバイスできるほどのものではありませんが・・・汗 参加者として・・・自分の踊りはもちろんしっかり集中して、でもそれ以外のリラックスするところではしっかりリラックスする、メリハリが大事かなと思います。 自分のことでいっぱいにならず、周りも見渡せる余裕があるといいなと思います。(上手下手ではなくて、心の余裕?みたいなものでしょうか・・)
コンクールの申込はこちら



コリア・インターナショナル・バレエコンペティション(KIBC)本選に参加された浦邉玖莉夢さんへインタビューしました。

KIBCに参加したきっかけは?
三年間留学し、去年卒業したベラルーシ国立ボリショイバレエ学校の校長先生に勧められこのコンクールを知り出場することに決めました。
コンクールではどんなバリエーションを踊りましたか?
クラシック審査では、アレルキナーダ、エスメラルダ、ドンキホーテより森の女王、パキータの4曲とコンテンポラリーです。
コンクールに参加した時の一番の印象は?
全体的に華やかなか印象で、審査後など夜遅く疲れていても会場、ホテルのバスでの送迎などのフォローが嬉しかったです。
期間中はどのように過ごされましたか?
午前中にワークショップがあり、その後は希望すればリハ室での自習(短時間)ができました。審査の日は、舞台リハーサルをし、その後夕方の審査開始までは楽屋にて一休みし、焦ることなくメイクや髪飾りなどの準備ができました。
他国のバレエダンサーはどんな印象でしたか?
ホテルや会場などで見かけると挨拶を交わしたり、待ち時間にお話しをしたりと皆さんフレンドリーだなと感じました。
日本のコンクールと違うところはありましたか?
クラシックは、1人ずつステージ上で音を流しリハーサルができるので、実際のステージの雰囲気を本番前に確認でき、日本のコンクールの様な大勢でする場当たりと全く違うと思います。コンテンポラリーでは、照明を踊りに合わせてオーダーすることができました。 私が感じたのはコンクール全体の雰囲気が日本のコンクールとは違い、あまり空気が張り詰めた感じがなく、コンサートの様に楽しく踊ることができました。
観客の雰囲気はいかがでしたか?
演技後は拍手やブラボーがあります。
受賞の他にスカラシップ等はありましたか?
地元、韓国の方には特別なスカラシップがあるようです。
KIBCに参加して良かったと思うことはありますか?
日替わりでの海外審査員の方によるワークショップが先生によって違ったコンビネーションや指導の仕方など、コンクールに参加しながら体験し学べることができました。
その後、浦邊さんのご活動状況を教えて頂けますでしょうか。
韓国コンクール後、ロシアのソチで行われたInternational Yury Grigorovich Competition "Young Ballet of the World " Sochi で3位受賞。三年留学したベラルーシ国立バレエ学校では学校公演のくるみ割り人形で主役マーシャを踊りました。卒業後は2015年9月にベラルーシ国立ボリショイバレエ団に入団。2015年12月?2016年1月にかけてドイツでのツアー公演に参加。
今後KIBCに参加するダンサー達にアドバイスをよろしくお願いします。
クラシックバリエーション4曲とコンテンポラリーを準備するのは大変だと思いますが、その分気持ちよく踊れる環境なのでとても良い経験になると思います。ちなみに、受付やスタッフさんで、韓国語はもちろん、英語、ロシア語が通じる方がいました。
コンクールの申込はこちら



海外での本選(コリア・インターナショナル・バレエ・コンペティション)に参加された福井かおりさんへインタビューしました。

KIBCに参加されたきっかけは?
バレエ団で一緒に踊っているパートナーに誘われたのがきっかけです。 パドドゥ部門でコンクールに参加しました。
コンクールではどんなバリエーションを踊りましたか?
予選ではドン・キホーテより第3幕のグラン・パ・ド・ドゥ。 準決選はコンテンポラリー。 決選ではエスメラルダよりダイアナとアクティオンのグラン・パ・ド・ドゥを踊りました。
コンクールに参加された際の一番の印象は?
舞台がとても大きかったのが印象的です。 奥行きも深いのでリハーサルの際は場当たりを入念に行いました。
期間中はどのように過ごされましたか?
ホテルから会場までの移動はコンクール参加者用のバスがでていましたが リハーサルが終わってから本番までの時間が長い日はタクシーを使って 一度ホテルに戻り、仮眠をとって足湯をしてから再び会場に向かうという流れで本番に挑みました。 出番がない日は市内を散策したりと、息抜きもいれながら過ごしました。
他国のバレエダンサーはどんな印象でしたか?
みなさん堂々と自信に満ちあふれている印象でした。 レベルの高さに圧倒されたのを覚えています。
期間中行うリハーサルやワークショップの雰囲気はいかがでしたか?
リハーサルやワークショップ、楽屋でも皆さん和気あいあいとした雰囲気でした。わからない事があれば運営スタッフの方々や現地の韓国から参加しているダンサー達が優しく教えてくださりました。
日本のコンクールと違うところはありましたか?
韓国の空港についてすぐにコンクール参加者のための送迎バスが用意されていたり、コンクール開催中は会場にダンサーのために軽食が用意されていました。
観客の雰囲気はいかがでしたか?
踊っている最中でも拍手や歓声があがる事もあり、たいへん盛り上がっていました。
受賞の他にスカラシップ等はありましたか?
受賞の他に賞金を頂きました。
KIBCに参加して良かったと思う事はありますか?
やはり同年代の他国のダンサー達の踊りを間近で観られる機会は中々ないので良い刺激になりました。また、今の時代Facebookで後々繋がれるので皆さんの 近況や良いニュースを聞くと励みになります。別の国際コンクールで再会する事もあり、KIBCに参加して得た出会いはとても良かったと思います。
その後、福井さんのご活動状況を教えて頂けますか。
2014年の春までアメリカのフロリダ州にあるバレエ団に所属していました。 同年の秋からはアメリカのオレゴン州にあるEugene Ballet Companyにプリンシパルダンサーとして活動しています。 毎年、オフシーズンの5月から8月は日本に帰国し、指導やゲストとして発表会や公演に出演しています。
今後KIBCに参加するダンサー達にアドバイスをよろしくお願いします。
初めは慣れない環境で精神的、体力的にも大変だと思いますが、適度に息抜きをいれながら国際コンクールならではの他国のダンサー達との交流も楽しんでください。皆さんがベストを尽くせる事を願っております。
コンクールの申込はこちら

MESSAGEご挨拶

この度、弊社アジア・バレエ・エージェンシーは、
第4回国際バレエコンクール“ The World Ballet Trial –Tokyo Stage 4th “を
開催させて頂きます運びとなりました。
さらに今回より、プレ・コンクールも併催させて頂きます。

関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。

本コンクールの主旨でございますが、
世界基準のバレエコンクールを行うことを目指し
ご参加頂きます皆様のバレエ技術向上をはじめ、
人間的にも成長されます機会になればと心より願っております。

当コンクールは世界各国のバレエマスター、バレエ団、バレエ学校と協力し、
質の高い留学機会、スカラシップ等を設けることで、
ご参加者様方にワールドワイドな視野・感性を
育んでいただけますよう努めてまいります。

海外からも多数ご参加頂きますバレエコンクールです。
” TWBT ”で世界を感じて頂けましたら誠に幸甚です。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

ASIA BALLET AGENCY
代表 谷口 貴志

PRIZE WINNERS受賞者

PICTUREスナップショット

NEWS 新着情報

申込受付期間のお知らせ

お申込受付期間は2019年2月20日を予定しております。 “東京から世界へ羽ばたくバレエダンサーを”モットーに 海外スカラシップが充実しましたインターナショナルバレエコンクールです。 今回よりプレ・コンクールも併催いたし […]

続きを読む
The World Ballet Trial 3rd 表彰&スカラシップ受賞者

各賞受賞者

【Grand Prix Award】
JC056 Yuma Matsuura (Endo Ballet)

【Classic Variation Division】
-Junior A-
Gold JA016 Freya Zaviera Narendrasetya (Marlupi Dance Academy)

-Junior B-
Gold JB005 Denis Watanabe (Watanabe Buber Ballet Academy)
Gold JB052 Yeyool Cha (Yoo’s Ballet Conservatory)

-Junior C-
Gold JC049 PengXiang Sun (Beijing dance academy)
Gold JC037 Yujin Park (Yoo’s Ballet Conservatory)
Gold JC050 Sophia Ohm (Acri Horimoto Ballet Academy)

-Junior D-
Gold JD008 Yeji Hwang (Jung’s Ballet Studio)
Gold JD022 Aoi Hirata (Naotoshi & Keiko Suzuki Ballet School)

-Senior-
Gold SR024 Tenki Nomura (Mariko Ballet Studio)
Gold SR014 Hyungjoon Choi (Korea National University of Arts)
Gold SR026 JiHyeon Jang (Jung’s Ballet Studio)
Gold SR028 Mizuho Toba (Funatsuki Naomi Ballet Studio)

【Pas de doux Classic Variation Division】
Gold PJ05 Yoo Mi Jang (SangMyung University)
Gold PJ06 Jin Sung An (SangMyung University)

【Contemporary A Variation Division】
Gold CA02 Alexandria Charlotte Eleanore (Marlupi Dance Academy)
Gold CA04 Efania Sumanadevi (Marlupi Dance Academy)

【Contemporary B Variation Division】
Gold CB10 Mikoto Matsuura (Kagari Matsuura ballet academy)

【Contemporary S Variation Division】
Gold CS06 Marina Ooki (Kaneta Kouno Ballet Academy)

続きを読む

Mailお問い合わせ

  • 事務局: The World Ballet Trial -Tokyo Stage-
  • TEL: 03-6300-9560
  • Email:
主催

ASIA BALLET AGENCY

共催

KOREA INTERNATIONAL BALLET COMPETITION

Supervisor:Park Jae Keun(International Federation of Ballet Competition Vice President)

お名前
メールアドレス
ご用件