『ワールド・バレエ・グランプリinベルギー』『コリア・インターナショナル・バレエ・コンペティション』への”本選”と”セミファイナル”への出場権を獲得できる

日本国内で参加できるユネスコ認定国際コンクール予選を開催!!

早期割引スタート!150名/期間限定

ローザンヌ/ジャクソンなどユネスコが認定した世界コンクールが日本で初めて予選を開催

2017/3/20-22

部門

ABA

Elena Yevseyeva Gold Medal KIBC 2010

INTERVIEWインタビュー

コリア・インターナショナル・バレエコンペティション(KIBC)本選に参加された浦邉玖莉夢さんへインタビューしました。

KIBCに参加したきっかけは?
私は2014,15年に参加させていただき、初めはソロ、次の年はパドドゥでした。 初めはバレエ関係の知り合いの方に出場された方がおられて、その方の勧めで参加しました。
コンクールではどんなバリエーションを踊りましたか?
ソロで出たときは、タリスマン、ガムザッティ、ドルシネア姫、ダイアナと、コンテンポラリーダンスを踊りました。
コンクールに参加した時の一番の印象は?
人それぞれ感じは違うと思いますが、あまりピリピリしたよ うな感じがなく、なんとなく人との競争というより、自分との戦いだと思わせてくれるような雰囲気がありました。
期間中はどのように過ごされましたか?
時間通りリハーサルやワークショップを受け、あとはホテルでゆっくりしたり、街を少し歩いたりしてリラックスしていました。 自分が踊り終わった後は他の参加者の踊りも客席から観ていました。
他国のバレエダンサーはどんな印象でしたか?
あまりがちがちに緊張しているような感じは少なく、フレンドリーな人も多いように感じました。シニアクラスなどは特にコンクールを楽しんでいるような印象もありました。
リハーサルやワークショップの雰囲気はどうでしたか?
ワークショップは韓国の人と外 国の人と別れていて、初めこそ緊張はしていましたが、先生も優しく落ち着いてレッスンできました。 リハーサルはだいぶ時間がおしたり、順番が入れ替わったりとハプニングもあり大変でしたが、きちんとやらせてもらえました。
日本のコンクールと違うところはどんなところですか?
日本は舞台リハーサルを皆一斉か、何人かまとめてするコンクールが多いと思いますが、海外国際コンクールでは分単位で一人ずつ舞台リハーサルができます。踊らなければいけないバリエーションもコンテを合わせて5つと日本よりも多いです。
観客の雰囲気はいかがでしたか?
予選ではあまり観客はいないようでしたが、決選はたくさんきていて、個人的にはコンサートをしているような気分でした。 それでも審査員までの席は遠く、観客もその後ろで遠かったので、圧倒されるような感じはありませんでした。
受賞の他にスカラシップ等はありましたか?
初めはディプロマの他にテクニック賞、二度目はディプロマとスペシャルアワードをいただきました。
KIBCに参加して良かったと思うことはありますか?
日本のコンクールとは違った雰囲気を味わえました。韓国の人が多かったですが、それでもいろんな国の人とコンクールに出るということで、踊りはもちろん、レッスンやその他の部分でいろいろと刺激になりました。
その後、上野さんのご活動状況を教えて頂けますでしょうか。
現在はロシアのブリヤート国立オペラバレエ劇場にて踊らせていただいてます。
今後KIBCに参加するダンサー達にアドバイスをよろしくお願いします。
アドバイスできるほどのものではありませんが・・・汗 参加者として・・・自分の踊りはもちろんしっかり集中して、でもそれ以外のリラックスするところではしっかりリラックスする、メリハリが大事かなと思います。 自分のことでいっぱいにならず、周りも見渡せる余裕があるといいなと思います。(上手下手ではなくて、心の余裕?みたいなものでしょうか・・)
コンクールの申込はこちら

コリア・インターナショナル・バレエコンペティション(KIBC)本選に参加された浦邉玖莉夢さんへインタビューしました。

KIBCに参加したきっかけは?
三年間留学し、去年卒業したベラルーシ国立ボリショイバレエ学校の校長先生に勧められこのコンクールを知り出場することに決めました。
コンクールではどんなバリエーションを踊りましたか?
クラシック審査では、アレルキナーダ、エスメラルダ、ドンキホーテより森の女王、パキータの4曲とコンテンポラリーです。
コンクールに参加した時の一番の印象は?
全体的に華やかなか印象で、審査後など夜遅く疲れていても会場、ホテルのバスでの送迎などのフォローが嬉しかったです。
期間中はどのように過ごされましたか?
午前中にワークショップがあり、その後は希望すればリハ室での自習(短時間)ができました。審査の日は、舞台リハーサルをし、その後夕方の審査開始までは楽屋にて一休みし、焦ることなくメイクや髪飾りなどの準備ができました。
他国のバレエダンサーはどんな印象でしたか?
ホテルや会場などで見かけると挨拶を交わしたり、待ち時間にお話しをしたりと皆さんフレンドリーだなと感じました。
日本のコンクールと違うところはありましたか?
クラシックは、1人ずつステージ上で音を流しリハーサルができるので、実際のステージの雰囲気を本番前に確認でき、日本のコンクールの様な大勢でする場当たりと全く違うと思います。コンテンポラリーでは、照明を踊りに合わせてオーダーすることができました。 私が感じたのはコンクール全体の雰囲気が日本のコンクールとは違い、あまり空気が張り詰めた感じがなく、コンサートの様に楽しく踊ることができました。
観客の雰囲気はいかがでしたか?
演技後は拍手やブラボーがあります。
受賞の他にスカラシップ等はありましたか?
地元、韓国の方には特別なスカラシップがあるようです。
KIBCに参加して良かったと思うことはありますか?
日替わりでの海外審査員の方によるワークショップが先生によって違ったコンビネーションや指導の仕方など、コンクールに参加しながら体験し学べることができました。
その後、浦邊さんのご活動状況を教えて頂けますでしょうか。
韓国コンクール後、ロシアのソチで行われたInternational Yury Grigorovich Competition "Young Ballet of the World " Sochi で3位受賞。三年留学したベラルーシ国立バレエ学校では学校公演のくるみ割り人形で主役マーシャを踊りました。卒業後は2015年9月にベラルーシ国立ボリショイバレエ団に入団。2015年12月?2016年1月にかけてドイツでのツアー公演に参加。
今後KIBCに参加するダンサー達にアドバイスをよろしくお願いします。
クラシックバリエーション4曲とコンテンポラリーを準備するのは大変だと思いますが、その分気持ちよく踊れる環境なのでとても良い経験になると思います。ちなみに、受付やスタッフさんで、韓国語はもちろん、英語、ロシア語が通じる方がいました。
コンクールの申込はこちら

海外での本選(コリア・インターナショナル・バレエ・コンペティション)に参加された福井かおりさんへインタビューしました。

KIBCに参加されたきっかけは?
バレエ団で一緒に踊っているパートナーに誘われたのがきっかけです。 パドドゥ部門でコンクールに参加しました。
コンクールではどんなバリエーションを踊りましたか?
予選ではドン・キホーテより第3幕のグラン・パ・ド・ドゥ。 準決選はコンテンポラリー。 決選ではエスメラルダよりダイアナとアクティオンのグラン・パ・ド・ドゥを踊りました。
コンクールに参加された際の一番の印象は?
舞台がとても大きかったのが印象的です。 奥行きも深いのでリハーサルの際は場当たりを入念に行いました。
期間中はどのように過ごされましたか?
ホテルから会場までの移動はコンクール参加者用のバスがでていましたが リハーサルが終わってから本番までの時間が長い日はタクシーを使って 一度ホテルに戻り、仮眠をとって足湯をしてから再び会場に向かうという流れで本番に挑みました。 出番がない日は市内を散策したりと、息抜きもいれながら過ごしました。
他国のバレエダンサーはどんな印象でしたか?
みなさん堂々と自信に満ちあふれている印象でした。 レベルの高さに圧倒されたのを覚えています。
期間中行うリハーサルやワークショップの雰囲気はいかがでしたか?
リハーサルやワークショップ、楽屋でも皆さん和気あいあいとした雰囲気でした。わからない事があれば運営スタッフの方々や現地の韓国から参加しているダンサー達が優しく教えてくださりました。
日本のコンクールと違うところはありましたか?
韓国の空港についてすぐにコンクール参加者のための送迎バスが用意されていたり、コンクール開催中は会場にダンサーのために軽食が用意されていました。
観客の雰囲気はいかがでしたか?
踊っている最中でも拍手や歓声があがる事もあり、たいへん盛り上がっていました。
受賞の他にスカラシップ等はありましたか?
受賞の他に賞金を頂きました。
KIBCに参加して良かったと思う事はありますか?
やはり同年代の他国のダンサー達の踊りを間近で観られる機会は中々ないので良い刺激になりました。また、今の時代Facebookで後々繋がれるので皆さんの 近況や良いニュースを聞くと励みになります。別の国際コンクールで再会する事もあり、KIBCに参加して得た出会いはとても良かったと思います。
その後、福井さんのご活動状況を教えて頂けますか。
2014年の春までアメリカのフロリダ州にあるバレエ団に所属していました。 同年の秋からはアメリカのオレゴン州にあるEugene Ballet Companyにプリンシパルダンサーとして活動しています。 毎年、オフシーズンの5月から8月は日本に帰国し、指導やゲストとして発表会や公演に出演しています。
今後KIBCに参加するダンサー達にアドバイスをよろしくお願いします。
初めは慣れない環境で精神的、体力的にも大変だと思いますが、適度に息抜きをいれながら国際コンクールならではの他国のダンサー達との交流も楽しんでください。皆さんがベストを尽くせる事を願っております。
コンクールの申込はこちら

SCHOLARSHIPスカラシップ&表彰

※ジュニアB・シニアの各ゴールド/シルバー/ブロンズ入賞者はKIBC本選での宿泊費・食費が援助されます。

  • 世界有数のバレエコンクールに推薦(ジュニア・シニア対象)
  • 韓国 光州市立バレエ団2017-18シーズン入団許可(シニア対象)
  • 韓国 祥明大学校バレエ科入学許可(50-100%の奨学金)
    (シニア対象)
  • 審査員賞
  • スポンサー賞
  • 指導者賞(KIBC本選へのご招待&宿泊費・食事を全額支給)

※航空券の費用は含まれません。
※その他にも予定しておりますが、急遽変更になる場合がございます。

JUDGES審査員

審査員

パク・ジェグン Park Jae Keun (Korea)

韓国バレエ財団 理事長
韓国国際バレエコンクール 理事長
元ユニバーサルバレエ団 プリンシパル

審査員

シン・リリ Xin Lili (China)

上海バレエ団 芸術監督

審査員

左右木 健一 Kenichi Soki (Japan)

元オーストリアザルツブルク州立劇場バレエ団 ソリスト

※その他の審査員2名は、9月下旬発表予定

SCHEDULE開催日程

開催日時・会場
2017/3/20
ワークショップ
(海外スカラシップ獲得のためのオーディション審査)
新宿村スタジオ
2017/3/21-22
コンクール/表彰式
日本橋公会堂
住所:〒103-8360
中央区日本橋蛎殻町一丁目31番1号
[googleMap]
部門
ジュニアA:10歳~13歳
ジュニアB:14歳~17歳
シニア:18~27歳
  • 開催日の年齢になります。
  • 小学生はバレエシューズでの参加も可能です。
  • ジュニアAはコリア・インターナショナル・バレエコンペティションの本選には参加できません。
  • 表彰式の際、ジャージ・サンダル・スリッパ等ラフな格好での登壇はご遠慮ください。

RULES参加規定

参加規定
クラシックバレエ・ヴァリエーションから1曲(選曲自由)
もしくはコンテンポラリー・ヴァリエーションから1曲(選曲自由)
両部門参加の場合、クラシックバレエ・ヴァリエーションから1曲(選曲自由)
コンテンポラリー・ヴァリエーションから1曲(選曲自由)になります。
制限時間:3分以内  伴奏音楽:音源はCDのみ
  • 時間超過の場合は失格となりますのでご注意ください。
  • 著作権のある音楽に関しては、必ず各自手続きをおこなってください。当コンクールは一切の責任を負いません。
出場料
【クラシック・バリエーション】
22,000円(早割価格19,000円)
【コンテンポラリー・バリエーション】
22,000円(早割価格19,000円)
【クラシック/コンテンポラリー両部門参加】
28,000円(早割価格25,000円)
【ワークショップ】
9,000円(早割価格7,000円)
  • コンクール参加者には記念Tシャツをプレゼントいたします。
  • 申込み後の参加費は返金はできませんので御了承ください。
ワークショップ見学入場料
1000円(指導者に限ります)
申込期間〈期間限定:早期割引〉
2016年 9月3日(土)~10月31日(月)
(定員になり次第締切)
申込方法
下記申込フォーム、もしくはFAXにてお送りください。
撮影について
  • 会場内の個人での写真・映像の撮影は禁止しています。
  • スカラシップには国際バレエコンクールの出場権がございます。
    海外ツアーの際、ドキュメント撮影としてカメラマンが同行致しますのでご了承ください。
fig_rule

FORM申込フォーム

サイトからの申込フォームにてお送りください。

ふりがな
出場者氏名
性別
生年月日
年齢
出場時の学年
出場者住所

E-mail
TEL
FAX
出場部門
曲目
曲時間
舞台の出方
音出し
ワークショップ
スカラシップ/留学
TWBT ザ・ムービー(国際バレエコンクールの舞台裏が分かるドキュメントDVD)
韓国国際バレエコンクール(KIBC)ツアー参加
上海国際バレエコンクール(SIBC)ツアー参加
所属団体名
ふりがな
指導者名
所在地

E-mail
TEL
FAX
資料送り先
その他記入欄

MESSAGEご挨拶

この度、ザ・ワールド・バレエ・トライアル トーキョーステージ2nd (セカンド) を
開催させて頂く運びとなりました。
関係者の皆様に心より感謝の意を申し上げます。
「日本橋から世界で活躍出来るバレエダンサーを」との思いを胸に立ち上げました、
「ザ・ワールド・バレエ・トライアル トーキョーステージ」
2016年5月に行いました1回目のコンクールでは、
スカラシップ受賞者12名の皆様と共に、韓国国際バレエコンペティションへ
参加してまいりました。
また、8月には上海国際バレエコンペティションに公式ゲストとして、
弊社を招待いただき、幸甚な事に短期間にて2つの国際コンペティションを
体感させて頂きました。

率直ではございますが、世界で活躍するためにはクラシックバレエはもちろん、
コンテンポラリーダンスの重要性を感じております。
日本国内ではまだまだ少ない、コンテンポラリー審査ですが、
弊社ではコンクール審査のみでなく、ワークショップやイベントを通じて
中長期的に世界で活躍できるバレエダンサーのためのきっかけになれれば幸いです。

おかげさまで2回目のコンクール開催となりました。
これからもバレエダンサーの皆様に対し有意義なコンクール、ワークショップやイベントを開催してまいります。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アジア・バレエ・エージェンシー 谷口

PRIZE WINNERS受賞者

2016年5月7日に開催した【ザ・ワールド・バレエ・トライアル -トーキョーステージ-】の1位〜10位受賞者です。

≪ジュニアA≫

≪ジュニアB≫

≪シニア≫

≪審査員特別賞≫
大濱 彩音 エチュードバレエアカデミー

≪指導者賞≫
エチュードバレエアカデミー  惟任 るり 先生

≪コリア・インターナショナル・バレエ・コンペティション(KIBC)本選出場権≫
堀川 七菜 シンフォニーバレエスタジオ
若林 里々花 ムラタダンススタジオ
鈴木 佑菜 バレエスタジオリリア
武田 彩希 札幌シティバレエ
井上 七海 バレエスタジオプリエ
根岸 美凪 Y's Dance Company
大濱 彩音 エチュードバレエアカデミー
鶴岡 千尋 佐々木美智子バレエスタジオ
宮川 芹菜 村瀬沢子バレエスクール
佐々木 麻菜 エスバレエスタヂオ
政岡 恭平 エスバレエスタヂオ
山田 琴音 ヤマダバレエスタジオ
角山 明子 Asami Ballet Class
金 世友 CJGBalletstudio
木住野 真菜美 東京バレエ劇場

≪ベルギー国際バレエコンクール(WOULD BALLET GRAND PRIX)本選出場権 ※開催地:ルクセンブルグ予定 2017年8月≫
加藤 航世 シンフォニーバレエスタジオ
上村 有咲 Russes Art Academy (リュス・アート・アカデミー)
山内 彩未 松浦かがりバレエアカデミー
星川 綺羅 スターバレエアカデミー
飯田 ゆにか ムラタダンススタジオ
堀川 七菜 シンフォニーバレエスタジオ
若林 里々花 ムラタダンススタジオ
鈴木 佑菜 バレエスタジオリリア
井上 七海 バレエスタジオプリエ
根岸 美凪 Y's Dance Company
大濱 彩音 エチュードバレエアカデミー

≪ポーランド国立バレエスクール短期留学2週間≫
大濱 彩音 エチュードバレエアカデミー

≪韓国 祥明(サンミョン)大学校バレエ科入学許可≫
宮川 芹菜 村瀬沢子バレエスクール(1学期分奨学金 $6000想定)
佐々木 麻菜 エスバレエスタヂオ(夏・冬ワークショップ奨学金 $2000想定)
金 世友 CJGBalletstudio(夏・冬ワークショップ奨学金 $2000想定)

≪アメリカ キーロフバレエアカデミー入学許可≫
金 世友 CJGBalletstudio(奨学金80%)
小早川 桜子 ムラタダンススタジオ(奨学金50%)
飯田 ゆにか ムラタダンススタジオ(奨学金35%)
井上 七海 バレエスタジオプリエ(奨学金25%)

PICTUREスナップショット

Mailお問い合わせ

  • 事務局: ザ・ワールド・バレエ・トライアル -トーキョーステージ- 事務局
  • 電話: 03-5428-8266
  • Email:
主催

アジア・バレエ・エージェンシー

共催

ワールド・バレエ・グランプリ in ベルギー
コリア・インターナショナル・バレエ・コンペティション

協賛

株式会社クロスステージ、TOKYO BIG BALLET MARKET

お名前
メールアドレス
ご用件